HOME>アーカイブ>喫茶店とは違う、個性的なサードプレイスを

どんなお店があるのか、種類や傾向を紹介

女性

カフェと一口に言っても、その種類や傾向はかなり違いがあります。まず、昔ながらの純喫茶のような雰囲気があるお店はいまだに人気です。売りはコーヒーが主流で、陶磁器のカップやグラスで出てくることが多いものです。流れている音楽もクラシックやラジオなどが多いでしょう。次に、2000年ごろから出てきたシアトル系カフェというのもあります。こちらはコーヒーの他、スイーツやカジュアルな雰囲気が売りです。陶磁器やグラスも使いますが、紙コップやプラスチックのコップで出てくることも少なくありません。最近では個性的なカフェもあり、何らかの体験を一緒にしたお店も少なくありません。猫カフェや動物との触れ合いが出来るお店などもありますし、メイド喫茶などの特徴的な接客スタイルを売りにするお店もあります。商品の質よりも非日常体験を提供する傾向が強く、お店も個性的な雰囲気が多いでしょう。

基本的にどういう事をするのか

女性

基本的にカフェはどういう用途で使われるかは、いくつかの傾向があります。まずはコーヒーやお茶、スイーツなどの飲食店としての機能です。これは提供されるものの味や品質を重視する人向けで、とにかく品質が高いものを適切なお値段で食べられることが大事です。次に、雰囲気がいい事も大事でしょう。リラックスタイムや気分転換、自分へのご褒美などの目的で素敵な空間でリラックスした時間を過ごしたい人向けです。また、読書やパソコン作業など、様々な作業のためにも需要があります。また、見た目がいい物を求める映える空間という事も求められており、特におしゃれな雰囲気があるところで楽しく友達と会話するとか、打ち合わせをすることも少なくありません。

広告募集中